3階釣り部

Dividend Fishing Life~配当金釣り生活を実現します~

栃本親水公園を流れる槻川でスモールマウスバスが釣れるポイント

f:id:Ysalaryman:20211126171653j:plain

栃本親水公園

小川町を流れる槻川の栃本堰の麓にある一般的な公園です。

 

まあ、公園というよりは、休憩所のイメージがマッチします。

 

地元の方々が槻川に沿って、散策されています。

 

小さなお子様連れのファミリーも、飛び石をお散歩されていて、のどかな水辺風景を楽しめます。

 

駐車場完備 → 第一・第二があり、充分な台数が停められます。

 

トイレ完備 ← 釣り人にもありがたい

 

 

そして、我らがスーパーアイドル

 

 スモールマウスバス

 

を簡単に目撃ができるスポットとして、名が知れている公園でもあります。

 

公園を降りて、すぐ釣りが出来る、いい公園認定です。

 

ファミリーでお出かけして、

 

 隙あらば・・パパは釣りでもしましょう♪

 

スモールマウスバスが釣れる3つのポイント

1 栃本堰下

 

f:id:Ysalaryman:20211126171719j:plain

 

栃本堰の300年の歴史を示す看板もあります。

 

豆知識にどうぞ~

 

f:id:Ysalaryman:20211126171702j:plain

 

川にある堰としては、かなり有名です。

 

この堰下でシーズン中、スモールマウスバスを目撃することができます。

 

地元の子供たちも鱒レンジャイを片手にルアーを投げ込んで、スモールマウスバスを釣っていたりします。

 

ポイントはとても狭いため、たくさんのアングラーさんが毎日のようにルアーを投げ込んで、スレ度はMAX級です。

 

スモールマウスバスの在庫は豊富ですが、毎日叩かれまくっているため、相手にしてもらえない日々が続きますが、それでも釣れます。

護岸からの風景

画面右側が堰です。

 

f:id:Ysalaryman:20211126171724j:plain

 

画面中央に魚道も設置してあります。(立ち入り禁止)

 

奥面にスモールがたまりやすいです。

 

栃本堰一番人気のポイントになります。

 

 

水がきれいなため、ボトムまでよく見えます。

 

常連さんはウェーダーを着て、川に入り込んでいます。

 

一部護岸真下で水深が深くなっているところがあります。

 

ご注意ください。

 

飛び石からの風景

 

f:id:Ysalaryman:20211126171751j:plain

 

さらにアップ

 

f:id:Ysalaryman:20211126171759j:plain

 

11月撮影現在、鯉の憩いの場と化としています。

魚道上部からの風景

 

f:id:Ysalaryman:20211126171739j:plain

 

立ち入り禁止となっています。

 

ルールを守りましょう。

 

撮影現在、魚道には水は流れていないので、魚が遡上することはありません。

 

2 1段目飛び石のある堰下

 

f:id:Ysalaryman:20211126171804j:plain

 

飛び石が見えます。

 

歩いて渡れます。

 

飛び石の間を水が流れ、簡易な堰となっていて、シーズン中はこの流れの中に、スモールマウスバスが潜んでいます。

 

栃本公園に掛かる相生橋からの風景

 

f:id:Ysalaryman:20211126171712j:plain

 

飛び石からの下流風景

正面にかかる橋が相生橋です。

 

f:id:Ysalaryman:20211126171731j:plain

 

ボトムがよく見えません。

 

つまり、スモールマウスバスが姿を隠すことができます。

 

3 2段目飛び石のある堰下

公園より撮影

 

f:id:Ysalaryman:20211126171812j:plain

 

Yサラリーマンがおすすめするポイントになります。

 

飛び石の間を勢いよく水が流れ込んでいて、サラシが形成されています。

 

散歩道の真下は水深が一番深くなっており、大型のスモールマウスバスが釣れる可能性が一番高いです。

 

 

スモールマウスバスには簡単に会えます!

相生橋から水面を覗くと、鯉ばかり見えますが、よ~く目を凝らすと、スモールマウスバスを発見しました。

 

相生橋上からの拡大撮影

 

f:id:Ysalaryman:20211126171825j:plain

 

25cmくらいのスモールマウスバスに間違いありません。

 

また、栃本堰下の護岸沿いにも10cmほどのベイビースモールを目撃することは簡単です。

 

ベイトフィッシュも固まってたくさんいます。

 

f:id:Ysalaryman:20211126171831j:plain

 

実釣

f:id:Ysalaryman:20211126171819j:plain

 

うっかりラインが短くなっているのを忘れていました。

 

射程5mで各々の堰下を探りましたが、手ごたえはありません。

 

時期を間違えると、やはりデコりますね。

 

何名かのアングラーさんも入ってきましたが、状況を肌で感じ取り、すぐ移動されています。

 

スモールマウスバスの在庫もかなり少なく感じます。

 

どこかへ退避してしまった感が否めません。

 

遡上できない以上、下流へ移動してしまったのか?

 

参考までに下流へ下調べ

Yサラリーマンも運動がてら、散歩道を下ってみました。

 

少し歩くとすぐ橋があります。

 

橋下を中心に写真におさめてきたので、今後の釣行ポイント絞りにご活用ください。

1本目の橋下

 

f:id:Ysalaryman:20211126171846j:plain

 

かわいい堰となっています。

 

水深は全くありません。

 

2本目橋下

 

f:id:Ysalaryman:20211126171852j:plain

 

水だまりができるスペースはあります。

 

小さなベイトはいくつか紛れ込んでいます。

 

f:id:Ysalaryman:20211126171859j:plain

 

散歩道を進んでいくと、槻川親水公園に変わります。

 

3本目橋下

 

f:id:Ysalaryman:20211126171905j:plain

 

浅すぎます。

 

4本目橋下

 

f:id:Ysalaryman:20211126171911j:plain

 

ピリッとしない状況です。

 

帰り道が心配になってきたので、戻ります。

 

総じて、水深が浅いです。

 

スモールマウスバスが潜むにはあまり適していません。

 

やはり、王道というべきか、栃本堰から2段目飛び石堰下あたりが良好なポイントになります。

 

初めての方は上記にあげた3つのポイントを、丹念に探ってみてはいかがでしょうか?

 

散歩途中に見かけた鳥

 

f:id:Ysalaryman:20211126171919j:plain

 

いいところに陣取ってますね。

 

うまいものが見つかりそうです。

 

おっさんと一緒に、スモールマウスバスも探しておくれ~

 

 

終わりに

栃本堰付近では、スモールマウスバスが居つく場所は限られています。

 

休日にはたくさんのアングラーさんが訪れます。

 

狭いポイントに寄ってたかってルアーを投げ込む風景が見られます。

 

そこで、平日をおすすめしておきます。

 

時間帯によっては、ポイント移動が自由です。

 

 

 「スモールマウスバスをこの目で見てみたい」

 

と言う方は、一度足を運ぶ価値はあります。

 

必ず居ます。

 

スーパーウルトラ 激スレ スモールですが何かww

 

 

最後にお願い

お子様連れのファミリーの方々、地元の方がお散歩を楽しまれています。

 

ルアーをキャストする際、周囲を必ず確認してください。

 

後方に小さなお子様が居ないか確認してください。

 

散策されている方々へ、道を優先的に譲ってください。

 

 

それでは、豊かな自然に囲まれた素敵な風景の中、バス釣りをお楽しみください。

 

 

皆まで申すな。デコりましたよ・・・

来年春にリベンジを誓う!

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ