3階釣り部

Dividend Fishing Life~配当金釣り生活を実現します~

常陸利根川(北利根川)でバス釣りのつもりです

f:id:Ysalaryman:20200922225805p:plain

みんなさん、こんにちは。↑バスです。

 

どうか・・お察しください。。。

 

先日、霞水系でハクレンが大量に死んでしまった記事を読みました。

 

先月のお盆に北浦に行った際、大型のハクレンが何匹か浮いているのを見かけたりしていました。酸欠でやられてしまったのだろうな、と。

 

真夏の本湖は厳しいと肌身で感じたとともに、記事を読んで確信しました。

 

あの暑さと酸欠ではハクレンは耐えられなかったのでしょうか?

 

果たしてバスは生き延びられたのでしょうか?

 

霞バスを求めて、いざ出発!!

 

本湖は避けて、川に行ってみよう。

 

常陸利根川

今回は北利根川常陸利根川を分けてお伝えします。

 

朝一は常陸利根川に初チャレンジです。

 

立地的に遠目なので、今まで足を延ばすことがありませんでしたが、今年デコ継続中なので、怖いもんありません。どんどん新しいことにチャレンジしていきます。

 

後で言い訳にも使えそうです。「なにぶん初めてなもので・・・^^」

 

よく使われる言葉です。便利な言葉ですね。

 

裏が漁港であろうが水路であろうが、先行者が居ない処に何も考えず順番に突っ込んでいます。

 

f:id:Ysalaryman:20200922225814j:plain

 

どこの水門もみんな形状がまったく同じですね。

 

一水門1時間弱かけて、じっくり探っていく戦法です。

 

巻いてダメなら、打ってみる。打ってダメなら、巻いてみる。

 

ルアーを頻繁に変えて、あれこれ試してみますが、反応全くありません。

 

対岸も同じ状況のようで、アングラーさんが順番に入れ替わり立ち代わり、水門に入っているのが見えます。

 

釣果はないようです。

 

いくつめの水門でしょうか。

 

このままでは、いつものあれ。の結果が見えてきたので、保険をかけてみます。

 

車に戻ってガサガサ。鉄板を持ち出します^^

 

これならもしかしてのバスも釣れる可能性があるかも^^

 

根がかりも激しいので、リフトアンドフォールは怖い。

 

しかも水深が30~50cmくらいしかないシャローです。

 

まっすぐスローで引いてみます。

 

バイブの心地よさがロッドから持つ手に伝わってきます。

 

すると、

 

「ズンズン」

 

アタッた!!

 

f:id:Ysalaryman:20200922231426j:plain

 

 予定通りのバスが来ました。やりました^^

 

メジャーで測ると45cmです。なかなかのサイズをゲットです。

 

シルバーバスです。金でも銀でも銅でもバスはバスです。

 

「なにぶん初めてなもので・・・^^;」

 

f:id:Ysalaryman:20200922225825j:plain

 

上あごにがっぽし。フッキングのタイミングも良かったようです。

 

使用ルアーはバークレイのDEX MVです。

 

1個500円するかしないかのお値段だったので、まとめ買いしておいた一つです。

 

バークレイのルアーはお値段が安いのがいいですね。結構愛用しています。

 

その後、移動しますが、祝日とあって、アングラーさんが各水門にいましたので、ひとまず午前は打ち切りとします。

 

バス・・・釣れたということでいいですか?w

 

利根川

バスが釣れたということで、もう許してください。

(Yサラリーマン、今年ラージ&スモール釣れる気がしません。)

 

早速意気揚々、スーパーへ買い出し行きます。

 

そうです。いつもの秘密のえさを調達して、午後はゆっくりナマズ釣りです^^

 

ナマズのストックが多い北利根川に入ります。

 

水路の水がとても綺麗な水門を見つけたので、

 

「午後はここに決めた!!」

 

この選択がと出ます。

 

上戸川水門

ナビを確認し忘れてしまったのですが、地名なのでしょうか?

 

いい水門に認定しました。ナマズ量産水門です。

 

ただ、バスはサーチ出来ていませんので過信は禁物です。

 

Yサラリーマンの理論では、ナマズが多く集まる水門は、バスにとっても居つきたい場所ですので、タイミングさえ合えば、必ず差し込んでくるはずです。

 

信じています。いつまでも待っています^^

 

よくポイントを晒すなとかいう方いますが、私は全く気にしません。

 

あなたのでも私のでもありません。誰のと言ったら、お国のものです^^

 

f:id:Ysalaryman:20200922225836j:plain

 

初めて立ち寄る水門ですが、真っ昼間なのにナマズがよく釣れる釣れる。

 

釣れない時間にナマズ釣りしながら、タックルボックスの掃除をしようと思ったのですが、ちょっと忙しいです^^仕事がはかどりませんw

 

バスボートも代わる代わる立ち寄っています。

 

葦があって、必ず打ちたくなる地形ですね。

 

写真では全体が映っていませんが、入り江状になっています。とてもいい形状です。

 

f:id:Ysalaryman:20200922225830j:plain

 

ボラッコも常駐しています。

 

メダカサイズのベイトも確認できます。

 

残念ながら、水路の綺麗な水は水門に流れ込んでいません。

 

逆に水路に水が流れています。

 

ここが逆ならベストコンディションなのですが・・・

 

日によっては流れが変わることもあるでしょう。

 

その時はチャンスですね。

 

ちなみに裏の水路はこんな感じです。

 

f:id:Ysalaryman:20200922225809j:plain

 

夕方に差し掛かり、散歩途中の方が、

 

 「バスが後ろにいるよ。」

 

と教えてくれました。

 

水路に向かうと、40cm弱くらいのバスがサイトで確認できます。

 

ナマズタックルで、目の前にエサ仕込んでみますが、ガン無視です。

 

やっぱ、バスはこれ食べないと思うんだよな。。。

 

うちの部員は何者だよ。。

 

食わせのワームでチャレンジしますが、完全に嫌気されてしまう始末です。

 

潔くサイトは諦めます。

 

水質がいいのでおそらく居ついていると思います。

 

ベイトは確認できないので、あのバスはお腹が空いているかもしれません。

 

我こそはという方、サイトでチャレンジできますよ。

 

がんばってみてください。

 

水門に戻る際、田んぼの用水路に生命感があったので、餌を落とし込むと

 

パクッ

 

こんな水位10cmもない狭い用水路で60cm以上のナマズを一撃です。

 

ナマズの体長と水路の幅がほぼ同じ^^

 

またその場所に戻しておきましたw

 

あのナマズはどこから来て、どこに行くのでしょうか?

 

さすが秘密の餌。

 

ナマズには効果絶大。この誘惑にナマズは逆らえません。

 

バスへの効果は、うちの部員に直接聞いてください。。

2021年、Yサラリーマンもやらかしました^^;

ysalaryman.hatenablog.com

               どんまい!

 

日が暮れる時には、もうナマズの入れ食いタイムです。

 

半日ここの水門で30匹以上のナマズが釣れています。

 

これだけ、ナマズが寄せてくる水門はやはり、(Yサラリーマン理論での)バス有力ポイントです。

 

今回の霞釣行の最大の収穫は、有望な水門を一つ自分で見つけて追加出来たことです。

 

今日はバスには会えませんでしたが、次回以降にバスに会える可能性が広がります。

 

新しい発見をするたびに、妄想が広がり、それが現実になったときの喜びはひとしおです。

 

霞水系ではまだまだ初心者の我々3階釣り部ですが、今後とも楽しく活動していきたいと思います。

 

アメリカナマズをご希望の方へ

お熱込めました^^

ysalaryman.hatenablog.com

 

ysalaryman.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ